種類によって異なるうつ病の治療法【大うつ病性障害と双極性障害】

気になる心と身体の不調

看護師

知っておきたい症状と違い

気分が落ち込む、何もやる気が起きないなど、いつもと違う心や身体の状態が続くとうつ病が疑われます。うつ病は大きく分けて2種類に分かれます。大うつ病性障害と双極性障害です。前者は気分の落ち込みや無気力、物事に対する興味や関心の薄れ、自尊心の低下などの心の症状の他に、身体の症状も現れます。食欲不振や眠れないなどの睡眠障害、倦怠感、また原因不明の頭痛や胃痛などの身体の痛みやしびれが起こる場合もあります。こういった心や身体の症状が毎日、2週間以上続く場合にうつ病と診断されます。しかし、人によって過眠気味になったり過食傾向になったりと反対の症状が現れる場合もあるので注意が必要です。後者の双極性障害は元気いっぱいになったかのように気分が高揚する躁状態と前者で上げたようなうつ状態が波のように交互にやってくる気分障害です。躁状態の時は何でも出来るような気分になり、自分の経済状況に合わない買い物をしたり、大きな仕事を簡単に引き受けてしまったりします。一旦波が変わると、躁状態の時とは別人のように落ち込んだり身体の症状に悩まされたりします。その他にも細分化されていることもあり、自分で判断するのはとても難しいです。いつもと違う状態が長い期間続くようであれば、必ず専門医に相談しましょう。うつ病は脳内の神経伝達物質の働きが悪くなって起こると推測されていますが、まだ何が原因で起こるのかははっきりとしていません。何も原因となることがないまま起こることもあるのです。ですから誰にでも起こりうる病気と言えます。1つの要因と考えられているのはやはりストレスです。人間関係や環境の変化によるストレスもそうですが、昇進や結婚、出産といった一見すると喜ばしい出来事も、本人にとってはプレッシャーとなり、大きなストレスとなっていることもあるのです。また性格の問題ではないとされていますが、考え方が大きく関わっていることもあります。自尊心が低く自分を責めやすい傾向があったり、周りに合わせて無理をしてしまったり、ストレスを自分で感じやすくしてしまう人は注意が必要です。うつ病は休息と薬の服用を中心とした治療を行っていくのが基本ですが、うつ病の種類によって対応も異なって来ます。症状の現れ方によって、休息が第一の場合や、ある程度生活に目標を持って過ごす方が改善を見られる場合もあります。自己判断をせず、出来るだけ信頼のできる主治医を持ち、相談できる環境を作りましょう。特に心療内科や精神科は先生との相性が重要になってきます。自分の気持ちや症状を正直に話せる先生を探しましょう。

カウンセリング

なりやすい性格

うつ病の原因は、脳の機能低下によるものだと考えられています。そしてきっかけとなるのは、長期間にわたる強いストレスです。生真面目な性格や完璧主義者は自分を追い詰めてしまう傾向が強いので、うつ病に罹りやすいとされています。

聴診器

予防法&治療法

うつ病は食事、生活のリズム、睡眠によって予防することができ、バランスの良い食事や生活リズムを整える必要があります。心と身体を休ませ、抗うつ薬を服用する治療が行われ、再発防止のために精神療法・カウンセリングが行われます。

ウーマン

内服薬が中心になります

うつ病に罹ると不安を感じている人が多いですが、早期に発見して適切な治療を受けることで、回復を早めることができます。病院やクリニックでは内服薬による治療が中心になりますが、認知行動療法や精神療法なども行っています。

男性

何かあればすぐ行動しよう

うつ病はいつ誰が発症しても不思議のない病気です。ただ、うつ病の症状が表面化する場合は個人差があります。重症の場合で診察してもらえる病院を調べることや病気になった時の生活の保障について知っておく必要があります。

Copyright© 2018 種類によって異なるうつ病の治療法【大うつ病性障害と双極性障害】 All Rights Reserved.